お得にサービス

工夫でサービスをお得に利用する

現在はメディアなどでも紹介され、世間の特殊清掃に対する認知度は、高くなってきています。これは、自殺や孤独死など、誰にも知られずひっそりとした人間の死が社会問題になってきているため、関心や需要が高まったということでもあります。特殊清掃は、通常では処理しきれないような、人間の遺体を原因とする腐敗物や消毒、遺品整理や部屋の工事に至るまでと、非常に高度な処理が行われます。そのため、費用も高額になり、金銭における問題も起きてしまう可能性があります。現在は実例をもとに、どのような状態・どの程度の費用と、インターネットでも詳しく解説されています。このような資料を事前に確認しておくという工夫で、依頼時の交渉でも役に立ちます。

現在の取組みについて

自殺方法が安易に入手できたり、孤独死などの社会問題が増加傾向にあったりと、特殊清掃業に対する需要は、年々高まり続けています。そのような中、需要と供給の問題が起きていて、特殊清掃業は、精神的・肉体的にも非常に負担がかかりやすいため、選択されることの少ない職業となっています。このほかにも、高度な専門知識や技術が必要で、ウィルスなどの危険性も伴うため、起業までのハードルが高いことも起因しています。近年においては、専門家を養成する「事件現場特殊清掃士」の講座が一般社団法人によって設けられ、特殊清掃に関わる正しい知識や技術を学び、起業者を増やす取り組みが行われています。講座では、新たな起業とともに、特殊清掃における適正価格化も、目標のひとつとされています。これは、利用者とのトラブルや不安を無くすといった取り組み内容でもあります。ゴミ屋敷

TOPへ